Hands On Tokyo Logo
ニュースレター
2009年12月号

Tel: 03-5404-3563 
info@handsontokyo.org
www.handsontokyo.org
In This Issue
Volunteer Spotlight: Sheree Hsu
Sponsor Spotlight: Qualcomm
Sponsor Event: Bancorp Rugby Ball Fundraiser
Save the Date: Taste For Volunteering 2010
Upcoming Volunteer Opportunities
Sponsors
Board of Directors & Staff
Board of Advisors
ボランティア・スポットライト シェリー スー
Sheree Hsuハンズオン東京の理事であり、ミーティングでは書記も務めるシェリーは幼い頃から学校や教会などを通じてボランティア活動を行ってきました。どんなことでも、自分にできる範囲で人の力になるということは、シェリーの家族にとってごく当たり前の事だったといいます。シェリーの家族は台湾出身ですが、彼女自身はアメリカで生まれ育ちました。ハワイ、ルイジアナ、フロリダ、アトランタ、そしてニューヨークでの生活を経て、5年前にアジアへと移り住んだのです。

アトランタで働いていた頃、シェリーはジョージア州のNPOである「ハビタット・フォー・ヒューマニティ」と「ハンズオン・アトランタ」という2つの団体に出会いました。すぐにボランティアとして積極的な活動を始めた彼女は、子供たちに勉強を教えたり、街の清掃を手伝ったり、家を建てる手助けなどをしました。仕事で香港に転勤になったとき、「ハンズオン香港」はまだ設立されておらず、ボランティアをする機会もあまりありませんでした。2年前に東京に移り住み、「ハンズオン」の提携団体があると知ったシェリーは再びボランティア活動をするため、即座にメンバーとなったのです。

シェリーはその生い立ちやボランティアの経験から、ハンズオン東京の理事会メンバーにぴったりでした。以来、理事会の書記を務めてほぼ2年になりますが、彼女の知識と経験は、HOTの方向性を定める上で大いに役立ってくれています。6月にはHOTの理事会を代表して、アメリカで毎年開催されているボランティアや奉仕活動の全国会議に出席し、いくつもの新しいアイディアを仕入れて戻ってきてくれました。彼女が持ち帰ったアイディアは、今後HOTでも取り入れていく予定です。

シェリーは、スペシャルオリンピックス・ボウリング・プロジェクトのコーディネーターとして、理事会の外でもリーダーシップを発揮しています。このプロジェクトがHOTのボランティアたちにまだあまり知られていなかった頃、参加者はシェリーとご主人の2人だけ、ということがよくありました。プロジェクトがいかに楽しくて充実したものであるか、シェリーがみんなに広めてくれたおかげで、今ではどんどん人気が高まっています。ストライクを出した後にみんなでハイタッチをする姿が、すべてを物語っています。

シェリーは言います。「私がHOTでボランティアをするのは、人を助けることや自分の住む地域社会をサポートすることが大切な事だと思っているからです。ボランティアをすることによって、自分が与えられたものに対して感謝の気持ちが涌いてくるし、それを他の人にも少し分けてあげられるのではないかしら。」ハンズオン東京の使命を日々実践してくれているシェリーに、心から感謝しています。そしてHOTのリーダーチームにシェリーがいてくれて、本当によかったと思っています。

スポンサー・スポットライト 
クアルコムジャパン株式会社

Qualcomm Cares Logo技術革新の世界的リーダー企業として、クアルコム社は世界中にポジティブなインパクトを与えるべく常に努力されています。それだけでなく、同社では優良な企業市民となるために、企業としての責務を果たすということに於いても社員の皆さまが団結して努力されています。日本においてこの責務を果たす一環として、クアルコム社はハンズオン東京をサポートするスポンサー企業となって下さいました。
 
「ボランティア活動とは、それぞれが住む地域社会をより良いものにするために活動することから自然に生じる喜びや満足感などを超えた、豊かな恩恵を社員にもたらしてくれるものである」クアルコム社のではボランティア活動についてこのように考えられています。 社員の皆さまはボランティア活動を通して自らのリーダーシップ・スキルやコミュニケーション・スキルに磨きをかけ、互いに協力しながら働く方法を学ぶこともできます。そして、そこで得た大変貴重な経験を職場でも応用することができるのです。
クアルコム・ジャパンの社員の皆さまは、ボランティア活動にまだあまり馴染みのない方がほとんどです。10月に行われたハンズオン東京の「デイ・オブ・サービス」では、多くの社員の方がボランティア活動を初めて体験されました。「視覚障害児童のためのインターナショナル・フェスティバル」に参加され、リーダーシップを発揮して下さった代表取締役会長兼社長の山田純氏もその中の一人です。Government Affairs Managerの岡田亜衣子さんは、ご自身のボランティア体験について次のように話してくれました。「ハンズオン東京が与えてくれたボランティアの機会に感謝しています。本当に素晴らしいひと時を過ごすことができました。次回はもっと多くの社員が参加できることを願っております」。
 
クアルコム社はハンズオン東京のスポンサー企業となることで、地域のNPO法人とのつながりを意義深く実りある形で深めるという企業の使命を実践されています。クアルコム社と社員の皆さまのサポートに、心から感謝いたします。今後もより多くのプロジェクトに参加し、共に地域貢献をしていきたいと思っております。


スポンサー・イベント バンコープ社によるラグビーボール・チャリティ・イベント

Bancorp Logo10月の最後の週に東京タワーを訪れた方は、ラグビーボールの形をした巨大なテントを見て驚かれたのではないでしょうか。ニュージーランド観光局の企画で行われたこのイベントは、日本とニュージーランドとの絆を深めるとともに、2011年にニュージーランドで開催されるラグビーのワールドカップ大会を宣伝するためのものでした。去る11月1日、ニュージーランドの投資銀行「バンコープ」が、このラグビーボールを使って日本の顧客向けのスペシャルイベントを行いました。その中で、東京コミュニティに対する企業としての使命を実践する形で、ハンズオン東京の活動を支援するためのライブ・オークションが行われました。HOT顧問理事会のメンバーである藤田哲也氏がバンコープの取締役クレイグ・ブラウニー氏とNew Zealand Rugby Ballともに、さまざまな素晴らしい賞品をオークションにかけました。賞品の中には、ラグビー・ワールドカップの第1回大会でニュージーランドが勝利を収めたときに、チームのキャプテンが直筆でサインしたラグビーボールもありました。このエキサイティングでユニークなイベントにより、HOTに30万円を超える寄付が集まりました。バンコープの皆さまと顧客の皆さまの篤志に、深く感謝いたします。
Save the Date!
HOT Day of Service Volunteers
テイスト・フォー・ボランティア」チャリティー・ディナー&
オークション
2010年2月5日
ザ・ペニンシュラ東京にて開催

2010年2月5日、ザ・ペニンシュラ東京にてハンズオン東京のファンドレイジング・イベント「テイスト・フォー・ボランティア」チャリティーディナー&オークションが開催されます。イベントへの正式な招待状は、12月のはじめにEメールでご送付いたします。お席に限りがございますので、ご予約はお早めに!チケットに関するお問い合わせは、taste@handsontokyo.orgまでどうぞ。

また、ライブ・オークションとサイレント・オークションに出品する賞品の寄付も引き続き受け付けております。この大変素晴らしいイベントに、あなたの会社やビジネスも参加なさいませんか?詳しい情報は、Marjorie.chiba@handsontokyo.orgまでEメールでお問い合わせいただくか、ウェブサイト上より、寄付の申し込み用紙をダウンロードしてください。
Join Our Mailing List
今後予定されている
ボランティア・スケジュール
フランス大使館コミュニティ・アート・プロジェクト
日時: 12月3日、12月6日、12月10日、12月13日、12月17日、12月20日、12月24日、12月27日 (木曜日、日曜日)  10:00-2:00; 2:00-6:00

12月4日、12月5日、12月11日、12月12日、12月18日、12月19日、12月25日、12月26日 (金曜日、土曜日)  10:00-2:00; 2:00-6:00; 6:00-10:00
(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

視覚障害児のためのテニス・レッスン 

日時: 12月12日 (土曜日) 1:00-4:00
*15才以上で、テニスが好きな方、テニスの経験がある方
 がご参加頂けます。

筑波大学付属視覚特別支援学校
日時: 12月12日 (土曜日) 10:00-12:00
*15才以上のネイティブか、それに近いレベルの方が
 ご参加頂けます。

視覚障害者のための英会話
日時:12月5日 (土: 定員に達しました)、1月9日 (土曜日) 9:45-12:00PM
*10才以上の方がご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

セカンド・ハーベスト・ジャパンおにぎりプロジェクト
日時:12月11日 (金)10:00-12:00PM
*ご家族をはじめ、どの年代の方でもご参加いただけます。(10才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

養護老人ホーム 白寿荘
日時: 12月5日 (土曜日) 2:00-4:00PM
*ご家族をはじめ、どの年代の方でもご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

児童養護施設・若葉寮
日時: 12月12日 (土曜日)10:00-12:00PM
*10才以上の方がご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)
Sponsored by:
State Street Bank Logo

スペシャル・オリンピックス
ボーリング
日時: 12月12日(土曜日)9:40-12:00PM
*18才以上の方がご参加いただけます。

スペシャル・オリンピックス
運動機能発達
日時: 12月12日 (土曜日)10:00-12:00PM
*16才以上の方がご参加いただけます
Sponsored by:
Hitachi Consulting Logo

スペシャル・オリンピックスバスケットボール
日時: 12月13日 (日曜日)、12月19日 (土曜日)、12月20日 (日曜日) 1:00-3:00PM
*8才以上の方がご参加いただけます。

スペシャル・オリンピックスアドバンス・バスケットボール
日時:12月13日 (日曜日)、12月19日 (土曜日)、12月20日 (日曜日)
*バスケットボールの経験のある方がご参加いただけます。

ボランティア・プロジェクトへのお申し込みは、下記のメールアドレスまたは電話番号へお願いいたします。
info@handsontokyo.org
Tel: 03-5404-3563

企業スポンサー


HOT Sponsors

スポンサーシップについてのお問い合わせは、千葉マージョリーまでお願いします。

marjorie.chiba@handsontokyo.org
ハンズオン東京・理事会
スティーブン リン   
ロジャー ジェセク   
シェリー スー   
雨宮 寛    
アーシャ パイ セッティ  
ジュディス ラビア−ハシュテンブルグ
比嘉 文   
藤田 ちさ   
マイケル ハイデマン   
マイケル クー  
マルセラ カンポス
ドナルド スー
都倉 治子

スタッフ
事務局長 
千葉マージョリー

プログラム・マネージャー
立神 由美子

事務管理
原 幸代 

Tel: 03-5404-3563
e-mail: info@handsontokyo.org
www.handsontokyo.org

CSR360 LogoHands On Network Logo
ハンズオン東京・顧問理事
創立者・名誉理事
ディーバ ハーシュ

顧問理事会

アメリカンファミリー生命保険会社
創業者・最高顧問
大竹 美喜

前総理大臣夫人
安倍 昭恵
    
アクサフィナンシャル生命保険株式会社
代表取締役社長
藤田 哲也
 
株式会社ザ・デザイン・スタジオ
    代表取締役会長・創立者
フレッド ハリス
   
アジア・パシフィック・ランド・
(ジャパン)Ltd.
取締役会長 日本における代表者
加藤 祐一
   
盛田アセットマネージメント株式会社
代表取締役社長
   盛田 英粮     
 
キャピタル・インターナショナル株式会社
取締役会長
パーカー シムズ
 
株式会社日立コンサルティング
代表取締役社長
ポール 与那嶺