Hands On Tokyo Logo
ニュースレター
2009年10月号

Tel: 03-5404-3563 
info@handsontokyo.org
www.handsontokyo.org
In This Issue
Event Spotlight: Day of Service
Event Spotlight: Lauren S. Henry Seminar
Sponsor Announcement: The Peninsula Tokyo Adopts HOT!
Teradata Coffee Event
Waters Trade Show
Save the Date: Taste For Volunteering 2010
We've Moved!
Positions Available!
Upcoming Volunteer Opportunities
Sponsors
Board of Directors & Staff
Board of Advisors
イベント・スポットライト: デイ・オブ・サービス2009
Day of Service Logo去る10月3日、恒例のデイ・オブ・サービス2009が盛大に行われ、およそ300名にもおよぶボランティアが5つの大規模なプロジェクトに参加しました。 スポンサー企業から参加されたボランティアの皆さま、 ハンズオン東京(以下HOT)のボランティアの皆さま、そしてご協力いただいたNPOパートナーの皆さまに心よりお礼を申し上げます。高齢者施設「白寿荘」では、シニアの皆さんと一緒にグリーティング・カードを手作りし、児童養護施設「目黒若葉寮」の子供たちとは、一緒に撮影した写真を世界にひとつしかない、自分たちの作ったオリジナルのフォトフレームに入れて飾りました。また、インターナショナル・フェスティバルでは、視覚障害を持つ子供たちとバーチャルな世界一周の旅に出て、台湾インド、フランス、コロンビアの各国を巡りました。スペシャル・オリンピックのアスリートやコーチの皆さんとチームを組んでボウリング・トーナメントやビンゴ・ゲームで盛り上がったり、済生会中央病院付属乳児院のプレイルームと庭の改装プロジェクトでは、外階段や内壁を塗装したり、植物を植えたりもしました。この改装プロジェクトは、カリフォルニアを拠点に活動している環境デザイナーで、「With A Brush of Love」を創設したローレン・S・ヘンリーさんのご協力のもとに行われました。ローレンさんは、障害を持つ子供たちの生活スペース・デザインのスペシャリストです。イベント終了後の夜、パートナー企業のバンクオブアメリカ・メリルリンチ社のお部屋をお借りしてアフター・パーティが開催され、当日行われた各プロジェクトのスライド・ショーを見ながら、ボランティアの皆さまは、その日の出来事を振り返り交流を深めました。この日、ボランティアの皆さまが東京コミュニティに還元した時間は、合わせておよそ1000時間にも及びました。

HOTのデイ・オブ・サービスは、主にスポンサー企業の社員の皆さまとそのご家族に、より規模の大きなボランティア・プロジェクトにご参加いただくもので、その内容は通年プロジェクトよりも恒久的で、パートナー団体の皆さんとのより深い絆につながるものです。また、この日はさまざまなプロジェクトが行われ、 外国人や日本人が地域社会への恩返しとして、助けを必要としている人たちに目に見える形の奉仕活動を行い、意義あるボランティア活動の機会を提供するHOTの存在を広く知ってもらう機会でもあります。そして、 HOTの通年プロジェクトを支援するための資金調達の一環でもあります。

今回このような素晴らしい成果を上げることができたのは、年間を通してHOTサポートしてくれる12社の企業スポンサー、物品の提供してくれた10社の企業、5つのNPO法人パートナー、そして多くの貴重な時間をコミュニティへの奉仕活動に惜しみなく捧げてくださった、ボランティアの皆さま方の多大なるご支援とご協力があったからこそです。皆さま方おひとりおひとりに、心から深く感謝を申し上げます。当日の写真を下記のリンクに掲載しましたので、どうぞご覧ください。写真はダウンロードも可能です。


Day of Service Images
(password: thankyou)

DOS2009 Images
イベント・スポットライト:「With a Brush of Love」主宰者、ローレン・S・ヘンリーさんのセミナー

Brush of Love Seminar10月6日、HOTのパートナーとしてデイ・オブ・サービスに参加してくださったローレン・S・ヘンリーさんが、HOTサポーターの皆さんのために「Unique Kids, Unique Surroundings: Environmental Design for Children with Special Needs」(特別な子供たちの特別な生活スペース:障害を持つ子供たちのための生活環境デザイン)と題したセミナーを開催してくださいました。ローレンさんは、環境デザイナーや色彩のエキスパートとしてご活躍で、「With A Brush of Love」という組織を創設し、主宰しておられます。今回のセミナー開催にあたっては、新しくHOTのパートナー企業となったSAPジャパン社が会場を提供してくださいました。セミナーでは、主に次のようなテーマについて、ローレンさんがご自身の見解や経験を話してくださいました。
  • 色の重要性や、子供の生活環境に色彩がどのように影響を与えるか、またその理由
  • パターンとデザインの違いについて
  • 健全な環境のための製品とアイディア
  • 予算節約のヒント
  • 照明器具の選び方
  • きょうだいと共用したり多目的に使う部屋のデザインをどう決めるか、および空間構成について
ローレンさんの最新著書「Unique Kids, Unique Surroundings」は http://www.lulu.com/からもお求めになれます。

済生会乳児院のプレイルームと庭を改装するプロジェクトで、見事な手腕を発揮してくださったローレンさんに私たちは大変感謝しております。新しくなったプレイルームや庭に設置されたタペストリーを、乳児院の子どもたちが楽しんでくれることを願っています。今後もまた機会があれば、HOTのプロジェクトにローレンさんをお招きしたいと思っています。ローレンさんや「With Brush of Love」についてもっと知りたい方は、 http://www.brushoflove.comまでアクセスしてみてください。
スポンサー・アナウンスメント:
ザ・ペニンシュラ東京がHOTと提携!
The Peninsula Tokyoこの度、ザ・ペニンシュラ東京がホテルの哲学のひとつである「地域社会への貢献」の一環で、 3つの主要な活動のひとつとして、正式にHOTとの提携を決めました。ホテル開業以来、ザ・ペニンシュラ東京は、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンやピンクリボン乳がん啓発キャンペーンへの支援を通じて、社会貢献へ尽力してきました。今回の新たなパートナーシップには、自分たちが住むコミュニティを支援することに重きを置く、ザ・ペニンシュラホテルズの方針が引き続き生かされています。HOTの通年プロジェクトに参加することで、ザ・ペニンシュラ東京は今後もいっそう社会に貢献していくことでしょう。

10月3日のデイ・オブ・サービスでは、30名の社員の皆さまが各プロジェクトに参加し、その中のひとりである総支配人のマルコム・トンプソン氏は、済生会乳児院の改装プロジェクトで自ら進んで手すりや壁に緑のペンキを塗っていました。HOTをファミリーの一員として迎えいれてくれたザ・ペニンシュラ東京の皆さんに、心から感謝申し上げます。
テラデータ社のコーヒー・イベント
Coffee Event
8月31日、日本テラデータの社員の皆さま113名が自社のオフィスに集い、ボランティアについての知識を深めるとともに、HOTのブラインドテニス・プロジェクトへの資金調達にご協力いただきました。社員の皆さまは、会社からの事前の呼びかけに応じて昼休みに会議室に立ち寄り、タリーズのコーヒーを楽しみながら、代表取締役社長の吉川氏とHOTのスタッフによるプレゼンテーションに参加し、ボランティアの大切さやデイ・オブ・サービスへの参加方法などをTeradata Coffee Event学んでいただきました。このイベントに参加された社員の皆さまは、コーヒーやスナックの購入を通じて寄付を行い、社員の皆さまから集まった寄付金と同額を日本テラデータが会社として寄付をしてくださることで、合わせて5万円以上の寄付金が集まりました。この寄付金は、ブラインド・テニス・プログラムに使用する特別なテニスボールを購入するために使われます。
日本ウォーターズ株式会社のトレード・ショー
Waters JAIMA Booth
9月初旬、パートナー企業であるウォーターズ社が、幕張メッセで開催されたJAIMA(日本分析機器工業会)の「分析展2009」に出展されました。ウォーターズ社のブースでは、自社の最新技術を紹介するだけでなく、HOTとのコミュニティーサービス活動にもスポットがあてられ、ブースを訪れた人にはHOT Bookcover皮製のブックカバーが手渡され、そこにはHOTに関することが紹介されていました。このようなユニークな形でHOTとのパートナーシップを強調することにより、ウォーターズ社は科学の分野のコミュニティにボランティアの大切さを伝えてくれました。
「テイスト・フォー・ボランティア」チャリティー・ディナー&
オークション

HOT Day of Service Volunteers
2010年2月5日
ザ・ペニンシュラ東京にて開催


このイベントで行うライブ・オークション、およびサイレント・オークションに出品する物品の寄付を募っております。
寄付の申込み用紙はウェブサイトからダウンロードしていただけます。どうかご協力をお願いいたします。

イベントへの参加方法などに関する詳しいお問い合わせは、Marjorie.chiba@handsontokyo.org までEメールでご連絡いただけますよう、お願いいたします。
HOTのオフィス移転!

HOTのオフィスが移転しましたのでお知らせいたします。
過去2年間、私たちはビジネス・センターをバーチャル・オフィスとして業務を行ってまいりましたが、組織が著しい成長を遂げるにつれ、オフィスを持つことの必然性を感じるようになりました。HOTの支援者の皆さまおよびパートナー企業の皆さまからの篤志のおかげで、この度申し分のない新しい活動拠点を見つけることができ、感謝の気持ちで一杯です。新しいオフィスではHOTのスタッフが業務を行うだけでなく、オリエンテーションやセミナー、プロジェクト、小規模イベントなどを開催するスペースもあります。お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

新住所:〒106-0041 東京都港区麻布台1-4-3 
    エグゼクティブタワー麻布台402号室
    特定非営利活動法人 Hands On Tokyo
電話:
03-5404-3563  Fax: 03-3583-2127
ハンズオン東京のお仕事をお手伝いして下さる方、大募集!
プログラム・マネージャー:正社員。フルタイム・ポジション。新しいボランティア・プロジェクトの開拓や、現在行われているプロジェクトのマネージメントができる方。

プロジェクト・コーディネーター:
ボランティア。リーダーとしてプロジェクトに参加していただき、ボランティアとNPOパートナーの間でプロジェクトが円滑に進むようにお手伝いしていただきます。

ティーン・アドバイザー:
ティーンエイジャーで構成される理事会を結成するにあたり、6人のティーン(13才から18才)を募集しています。

詳しい内容につきましては、お気軽に千葉マージョリーまでメールでお問い合わせください。
marjorie.chiba@handsontokyo.org
Join Our Mailing List
今後予定されている
ボランティア・スケジュール
視覚障害児のためのテニス・レッスン 
日時:11月14、11月28日 (土曜日) 9:00-12:00
12月12日 (土曜日) 1:00-4:00
*15才以上で、テニスの経験がある方がご参加
 頂けます。

筑波大学付属視覚特別支援学校
日時:11月28日、12月12日 (土曜日) 10:00-12:00
*15才以上のネイティブかそれに近いレベルの
 方がご参加頂けます。

視覚障害者のための英会話
日時:11月7日 (土: 定員に達しました)、12月5日 (土曜日) 9:45-12:00PM
*10才以上の方がご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

Second Harvest Rice Ball-Making
日時:11月13日 (金: 定員に達しました)、11月27日 (金曜日)10:00-12:00
*ご家族をはじめ、どの年代の方でもご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

養護老人ホーム 白寿荘

日時:11月21日、12月5日 (土曜日) 2:00-4:00 PM
*ご家族をはじめ、どの年代の方でもご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

児童養護施設・若葉寮
日時:11月28日(土: 定員に達しました)、12月12日 (土曜日)10:00-12:00
*10才以上の方がご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)
Sponsored by:
State Street Bank Logo

スペシャル・オリンピックス
ボーリング

日時:11月14日 (土曜日)、11月29日 (日曜日)、12月12日(土曜日)
*18才以上の方がご参加いただけます。

スペシャル・オリンピックス
運動機能発達

日時:11月7日 (土曜日)、12月12日 (土曜日)1:00-3:00
*18才以上の方がご参加いただけます。
Sponsored by:
Hitachi Consulting Logo

スペシャル・オリンピックスバスケットボール
日時:11月1日 (日曜日)、11月8日 (日曜日)、12月13日 (日曜日)、12月19日 (土曜日)、12月20日 (日曜日) 1:00-3:00
*8才以上の方がご参加いただけます。

スペシャル・オリンピックスアドバンス・バスケットボール
日時:11月1日 (日曜日)、11月8日 (日曜日)、12月13日 (日曜日)、12月19日 (土曜日)、12月20日 (日曜日)
*バスケットボールの経験のある方がご参加いただけます。

ボランティア・プロジェクトへのお申し込みは、下記のメールアドレスまたは電話番号へお願いいたします。
info@handsontokyo.org

Tel: 03-5404-3563
企業スポンサー


HOT Sponsors

スポンサーシップについてのお問い合わせは、千葉マージョリーまでお願いします。

marjorie.chiba@handsontokyo.org
ハンズオン東京・理事会
スティーブン リン   
ロジャー ジェセク   
シェリー スー   
雨宮 寛    
アーシャ パイ セッティ  
ジュディス ラビア−ハシュテンブルグ
比嘉 文   
藤田 ちさ   
マイケル ハイデマン   
マイケル クー  
マルセラ カンポス
ドナルド スー
都倉 治子

スタッフ
事務局長 
千葉マージョリー

プログラム・マネージャー
立神 由美子 

Tel: 03-5404-3563
e-mail: info@handsontokyo.org
www.handsontokyo.org

CSR360 LogoHands On Network Logo
ハンズオン東京・顧問理事
創立者・名誉理事
ディーバ ハーシュ

顧問理事会

アメリカンファミリー生命保険会社
創業者・最高顧問
大竹 美喜

前総理大臣夫人
安倍 昭恵
    
アクサフィナンシャル生命保険株式会社
代表取締役社長
藤田 哲也
 
株式会社ザ・デザイン・スタジオ
    代表取締役会長・創立者
フレッド ハリス
   
アジア・パシフィック・ランド・
(ジャパン)Ltd.
取締役会長 日本における代表者
加藤 祐一
   
盛田アセットマネージメント株式会社
代表取締役社長
   盛田 英粮     
 
キャピタル・インターナショナル株式会社
取締役会長
パーカー シムズ
 
株式会社日立コンサルティング
代表取締役社長
ポール 与那嶺