Hands On Tokyo Logo
ニュースレター
2009年3月号

Tel: 03-5404-3563 
info@handsontokyo.org
www.handsontokyo.org
In This Issue
Taste For Volunteering Fundraiser April 3
Volunteer Spotlight: Hiroko Blume
Sponsor Spotlight: Merrill Lynch Japan Securities Co., Ltd.
Chairman's Message
Upcoming Volunteer Opportunities
Sponsors
Board of Directors & Staff
Board of Advisors
「テイスト・フォー・ボランティア」
ディナー&オークション
2009年4月3日 ペニンシュラホテル東京

Taste for Volunteering Logo
今年で2回目となる「テイスト・フォー・ボランティア ディナー&オークション」には、すでに多くの方のお申し込みがありました。今年は会場を「ザ・ペニンシュラ東京」に移し、カリフォルニア州やワシントン州、ヨーロッパ各地から取り寄せた極上のワインと共に皆さまと優雅なお食事を楽しみたいと思います。今回のイベントも昨年と同様、心に残るすてきな一夜となることでしょう。今年も私たちのオークションのために、たいへんユニークなアイテムが集まっています。日本でもっとも有名な鮨シェフと楽しむ築地魚市場特別ツアーとスペシャルランチ、有名歌舞伎役者からはチケットと楽屋へのご招待、国会議事堂の特別ツアーと国会議員とのランチョン、東京の有名写真家によるプライベートな写真撮影、なかなか手にすることのできない貴重なスポーツグッズ、豪華ホテルやヴィラでのステイ、世界的に有名なレストランでのグルメ三昧などがあなたのビッドをお待ちしています。
そして昨年に引き続き、巧みな進行でオークション会場を盛り上げてくれるのは、AGホールディーングズの代表取締役で、サザビーズ・ジャパン元代表の柴山哲治氏です。豪華なお料理と、美味しいワインを楽しみながら、気の合う仲間たちと共に素敵な一夜を過ごしませんか? 皆さまがイベントにご参加していただけることが、東京在住の日本人や外国人に、質の高いボランティアの機会を提供するため努力を続けている、ハンズオン東京の活動を支援することにつながるのです。皆さまのご参加を心よりお待ち致しております。


TFV Sponsors開催日: 2009年4月3日(金曜日)
時間:  午後7時から10時
会場:  ザ・ペニンシュラ東京
参加費: お一人様25,000円
服装:  カクテルまたはビジネス
申込先: marcela.campos@handsontokyo.org

お申込みの際には、参加者される方全員のフルネームをお知らせください。参加費のお支払方法についての詳細は、お申し込みのメールをいただいた後に追ってご案内いたします。お支払いが確認できましたら、ゲストのお名前を参加者リストに登録させていただきます。こちらからチケットの発送はいたしません。

お申込み、お支払いの締め切りは、2009年3月20日です。お席には限りがありますので、お友達をお誘い合わせの上、お早めにお申し込みください。
ボランティア・スポットライト ブルーム 浩子さん

Hiroko Blumeこの10年間、ブルーム浩子さんのボランティア活動を支えてきたのは、恵まれない子供たちを救いたいという強い思いでした。彼女をボランティア活動に導いたのは、テレビを通して知ったアフガニスタンの子供たちの悲惨な状況でした。それをきっかけに、彼女は中古衣料を集めてアフガニスタンに送る活動を始めました。文化的に不適切なアイテムを取り除き、すべての衣料が清潔できちんと畳まれているかどうかを確認するのが主な活動でした。そしてこの活動を彼女は10年間継続したのです。

浩子さんは、2008年のデイ・オブ・サービスで児童養護施設・目黒若葉寮の「グラウンド整備」のプロジェクトに参加し、ハンズオン東京でのボランティア活動を始めました。その後も引き続き若葉寮での定期的なボランティア活動に参加し、その際に活動の中で使用しているおもちゃやビーズなどを寄付してくださいました。HOTのスタッフは彼女の熱意と細やかな気配りはプロジェクト・コーディネーターに最適だと思い、早速彼女に依頼し、すぐに了承をいただきました。

浩子さんは千葉県で生まれ育ち、若い頃にアメリカで勉強しました。結婚される前は、東京のブラジル系企業とカナダ系企業で働き、その後2人のお子さんの子育てを経験しました。彼女は西洋式フラワー・アレンジメントと日本の生花の指導資格を持ち、日本の一般女性がもはや出来なくなってしまった着物の着付けの師範でもあります。東京アメリカンクラブでは西洋式フラワー・アレンジメントを14年間指導し、会員の間ではよく知られた存在でもあります。浩子さんのご主人はイギリスの出身の方ですが、日本に25年もお住まいです。おふたりには、イギリスのボーディング・スクールに通うティーンエイジャーのお嬢さんと、ASIJのミドルスクールに通う息子さんがいらっしゃいます。浩子さんは、子供たちにもボランティアの精神を持ってほしいと強く願っていましたので、こども達も連れて若葉寮でのボランティア活動に参加しました。浩子さんは、学校で学んでいる大学受験資格取得コースを通じて、お嬢さんに地域での奉仕活動を経験してほしいと願っています。なぜならば、その人たちの責任とは無関係に、誰もがおかれた時代や、時と場所によってボランティアをする側とされる側になる可能性があるということを知ってほしいからです。それによって、社会における自分自身の立場を理解し、これまで受けてきた恩恵を実感し、どうすれば社会に還元できるのかということを学んでほしい、と考えているのです。

お子さんたちが大きくなった今、浩子さんはボランティア活動により多くの時間を費やしたいと思っていたので、HOTのプロジェクト・コーディネーターになることも快諾して下さいました。社会への還元に使命感を持ち、真心を込めて活動する浩子さんの存在は、若葉寮の子供たちにとっても、HOTのボランティアの皆さんにとっても、たいへん得難いものとなるに違いありません。
スポンサー・スポットライト:
メリルリンチ日本証券株式会社


Merrill Lynch volunteers cleaning bridge in Nihonbashiメリルリンチは、社会貢献活動に長年尽力してきた企業として、世界的に認知されています。地域社会との関係の上に成り立つグローバル・カンパニーとして、メリルリンチは、どのような生い立ちの人々に対しても、秘められた潜在能力を解き放ち発揮するために必要となる基礎的なスキルを身につける機会を提供することこそ、経済的繁栄への最も着実な道であるという信念を持っています。社会貢献活動においては、恵まれない地域の人々に対する、生活向上に役立つプログラムや経済支援などへのアクセスを確保するための援助に特に力を注いでいます。

メリルリンチが探し求めているプロジェクトとは、革新的であり、国際的にも大きな意義があり、優良な非営利団体を対象としたものであり、なおかつメリルリンチの社員の皆さまがボランティアとして関わることができ、文化の垣根を越えた、すぐれた実効性のあるプロジェクトです。日本では多くの企業が、子供や家族の福祉や市民のための活動、環境保全や芸術などに関心を注いでいます。そんな中でメリルリンチの社会に対する責任感は高く評価されており、社会支援に貢献する企業として国内最高の栄誉である紺綬褒章を3回も受章しています。これほどの実績をあげた企業は、日本企業にも外資系企業にも例がありません。

2008年8月に、メリルリンチがハンズオン東京のトップスポンサーになって以来、メリルリンチとHOTのパートナーシップは、他のスポンサー企業との連携において常に模範となってきました。メリルリンチの社員の皆さまは、HOTのレギュラー・プロジェクトにボランティアとして頻繁に参加しています。10月のデイ・オブ・サービスには、33名の社員の皆さまがさまざまなプロジェクトに参加してくれました。メリルリンチからの参加者の一人である山本かおりさんは、5歳のお嬢様と共に参加された高齢者施設の秋祭りでの体験について、次のように語って下さいました。「本当にすばらしいイベントでした。野鳥の餌付け用の止まり木作りや、ガーデニング、ビーズ・アクセサリー作りなど、誰もが参加できる、クリエイティブで楽しいアクティビティーがたくさん用意されていました。私たちにとっても学ぶことの多い一日で、訪問した施設の入居者の方々と同じくらい、自分たち自身も楽しむことができました。お別れの時間になって、シニアの皆さんが娘に『またおいでね』と言って下さいました。娘は初めてのボランティア体験で少々疲れていた様子でしたが、すぐに『絶対また来るね!』と答えていました。」

メリルリンチの社会貢献委員会の委員長であるアラン・リーさんは、ハンズオン東京の活動について以下のように話して下さいました。「ハンズオン東京は、日本でボランティア活動をしたいと願っている当社の従業員に、やりがいとインパクトのある幅広い活動をオファーしてくれていると感じます。企業そのものは、地域社会に対する財政支援に大きく貢献していますが、私たちはその次の段階に進んで、日本の皆さんのために、自らの手を使って貢献する方法を従業員に提供したいのです。」アランさんの委員会は、社内で定期的にHOTのプログラムを宣伝しています。また、自らのボランティア活動の成果を社員の皆さんがより身近に感じることができるように、HOTのスタッフと連携して、パートナー団体の方たちをご招待して、パネルディスカッションを企画しています。

アランさんをはじめとするチームの皆さんは、社会貢献活動に積極的な日本企業のコミュニティーでの経験が大変豊富で、このことからも私たちは多くの恩恵を受けています。メリルリンチからの紹介を受けて、HOTは4月から筑波大学付属視覚特別支援学校の高校生の英会話クラブをサポートするという新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。現在行っている、視覚障害者のための英会話プロジェクトは非常に人気があるので、こうしたやりがいのある活動に携わる機会をより多くのボランティアの皆さんに提供できることになって、大変よろこばしく思っています。

メリルリンチ日本証券株式会社とその社員の皆さま、コミュニティー・サービス活動における皆さまの優れたリーダーシップと、HOTに対する心のこもったご支援に深く感謝いたします。今後、私たちのパートナーシップが深まるにつれて、皆さんが培ってきた知恵と経験はこれからもますます頼りになることと確信しております。


HOT理事長よりのメッセージ
HOT Chairman Dawson Steven Lin

ボランティア
ならびにサポーターの皆さま

ご存知のように、現在世界の景気は大変厳しく、その影響は私たちのコミュニティーの中でも至るところに見受けられます。しかし、このような時期だからこそ、皆さまのボランティアに対する意識や寛大なる財政的な支援が私たちにとって大変重要であり、かつ意義深いものでもあります。

私たちハンズオン東京は皆さま方のご協力のおかげで、発足してから僅か2年の間に3500時間を越えるボランティア時間を東京コミュニティーに還元することができました。そして現在では2人のスタッフ・メンバーを雇用し、4つのNPOパートナーと7つの定期的なプロジェクトを行うことができました。登録していただいたボランティアの数も700名を越えました。現在のこの困難な状況の中で、私たちはより地元のコミュニティーをサポートするために、今年は新たにスタッフを加え、他のNPOパートナーとの関係をより拡大することでボランティア・プログラムを増やし、多くのボランティアの皆さまにプロジェクトに参加していただくことを目標としております。

今後もハンズオン東京の使命である、日本人と外国人が協力して意義のあるボランティア活動を行うことで、地域社会に貢献していくという私たちの活動に、引き続きご支援・ご協力をいただけますようお願いいたします。

スティーブ
Join Our Mailing List
今後のボランティア・スケジュール

養護老人ホーム 白寿荘
日時: 3月21日(土)2:00-4:00PM
   4月18日(土)2:00-4:00PM
*ご家族をはじめ、どの年代の方でも
 ご参加いただけます。(15才以下の方には大人
 の方の同伴が必要です)


スペシャル・オリンピックス
バスケットボール
日時:4月5日(土)1:00-3:00PM
*8才以上の方がご参加いただけます。

 
スペシャル・オリンピックス
アドバンス・バスケットボール
日時: 3月21(土)3:00-5:00PM
        4月5日(土)3:00-5:00PM
*バスケットボールの経験のある方が
 ご参加いただけます。


スペシャル・オリンピックス
ボーリング 
日時: 3月22日 (日)9:40-12:00PM
   4月4日(土) 、12日(日)
         4月29日(水・祝日)9:40-12:00PM
*18才以上の方がご参加いただけます。


スペシャル・オリンピックス
運動機能発達
日時:5月よりスタートしますので、
   スケジュールは後日発表いたします。
*18才以上の方がご参加いただけます。


児童養護施設・若葉寮
日時: 4月11日(土)10:15-12:00PM
*10才以上の方がご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)
Sponsored by:
State Street Bank Logo


視覚障害者のための英会話
日時: 4月4日(土)
   9:45-12:00PM
*10才以上の方がご参加いただけます。(15才以下の方には大人の方の同伴が必要です)

ボランティア・プロジェクトへのお申し込みは、下記のメールアドレスまたは電話番号へお願いいたします。

info@handsontokyo.org
03-5404-3563
企業スポンサー


HOT Sponsors

スポンサーシップについてのお問い合わせは、
立神 由美子またはマルセラ・カンポスまでお願いします。

info@handsontokyo.org
ハンズオン東京・理事会
スティーブン リン   
千葉 マージョリー   
ロジャー ジェセク   
シェリー スー   
雨宮 寛    
アーシャ パイ セッティ  
ジュディス ラビア−ハシュテンブルグ
比嘉 文   
藤田 ちさ   
マイケル ハイデマン   
マイケル クー  
ウィン キャロン

スタッフ

ディレクター 
マルセラ カンポス

プログラム・マネージャー
立神 由美子 

Tel: 03-5404-3563
e-mail: info@handsontokyo.org
www.handsontokyo.org


Hands On Network Logo
ハンズオン東京・顧問理事
創立者・名誉理事
ディーバ ハーシュ

顧問理事会

アメリカンファミリー生命保険会社
創業者・最高顧問
大竹 美喜

前総理大臣夫人
安倍 昭恵
    
アクサフィナンシャル生命保険株式会社
代表取締役社長
藤田 哲也
 
株式会社ザ・デザイン・スタジオ
    代表取締役会長・創立者
フレッド ハリス
   
アジア・パシフィック・ランド・
(ジャパン)Ltd.
取締役会長 日本における代表者
加藤 祐一
   
盛田アセットマネージメント株式会社
代表取締役社長
   盛田 英粮     
 
キャピタル・インターナショナル株式会社
取締役会長
パーカー シムズ
 
株式会社日立コンサルティング
代表取締役社長
ポール 与那嶺